アロマテラピーを自分で行う場合の方法のご紹介

日々の忙しい日常生活の中で、TVや雑誌などで目にした大自然に思いを馳せた事はないでしょうか? 草木に囲まれ、花の香りに包まれてのんびり過ごす。想像するだけで幸せな気分になりますね。ストレス社会と呼ばれる現代では、自然にふれる機会も減少しています。無機質なコンクリートに囲まれて過ごすのは、それだけで多大なストレスとなります。人も動物と同じく、本能で自然を求めているのです。しかし現実問題、そんな暇や余裕がない……。まとまった休みをとれなかったり、余計な出費に躊躇してしまったり。疲れているのに、わざわざ外出したくはないという人も多いでしょう。だからと言って、諦めるのは早いでしょう。もし、自宅で気軽に自然を味わえる方法があるとしたら。それが、アロマテラピーです。

アロマテラピーの歴史やその効能

アロマテラピーとは、植物から抽出した精油を使って、美容、健康、癒し効果を得る自然療法です。西洋的なイメージをもたれる方も多いでしょうが、日本人には馴染み深い『ゆず湯』などもその一種ですね。古代から、私達人間は植物の香りを医療や生活に取り入れて来ました。すぐに出来る簡単な利用法としては、ティッシュやコットンにアロマオイルを数滴垂らし、枕元などに置く事です。面倒な手順や器具は不要。ラベンダーやオレンジなど、安眠効果のあるアロマの力で、毎日の睡眠の質を向上させることが出来ます。女性にオススメなのが、フェイシャルスチームという方法です。洗面器などにはったお湯にオイルを数滴垂らして、その蒸気を吸います。蒸気が逃げないように、頭からタオルなどをかぶるのがいいですね。この時、オイルの香りに刺激されるおそれがあるので目を閉じましょう。血行を促進し、肌に潤いを与えてくれます。

自分のお気に入りを見つけて、素敵なアロマライフを。

その他にも、食欲不振、集中力増加。肥満予防に二日酔い。ホルモンバランスを正常に保つ効果もあるなど、老若男女問わず、日々の生活を手助けする効能が沢山あります。自然と触れ合う機会がすっかり減った現代人だからこそ、是非利用したいですね。紹介した以外にもアロマテラピーには、簡単なものから本格的なモノまで色々な方法がありますが、やはり大事なのは『自分のお気に入りの香り』を見つける事です。どれだけ効果が素晴らしかろうと、香りが合わなければ長続きしませんよね。香りを探すのも、楽しみ方の一つです。自分の好きな香りに出会えたときが、アロマ生活の第一歩と言っても過言ではありません。多忙でお疲れの方も、日々の生活に飽き飽きとしている方も。今度の休日は、お気に入りの香りを探しに行きませんか?