アロマテラピーの色々な種類や効果についてご紹介

アロマテラピーは、日本で人気が高く、生活の中で活用している人も多いです。趣味で楽しんでいた人が、学校に通って専門家としての資格を取るケースも少なくありません。ストレス社会だと言われている日本では、植物が持つアロマの力を利用してストレスを和らげることができる療法は、浸透しやすかったのです。精油は、植物に含まれている有効成分を凝縮したもので、エッセンシャルオイルとも呼ばれています。精油には、人間に本来備わっている自然治癒力を高めて、体の調子を整える働きがあります。アロマ療法で期待できる効果は、使う精油によって異なります。日本で人気がある精油のひとつがラベンダーです。ラベンダーは、アロマ療法の代表的な精油として、世界中の人々に愛用されています。

香りも良く様々な効果が期待できるラベンダー

アロマテラピーで使うラベンダーには、種類が複数あります。精油は、水蒸気蒸留法という方法によって抽出され、時間がたっても香りが続きます。ラベンダーは、数ある精油の中でも万能な精油として知られています。ラベンダーの精油には、鎮静作用、鎮痛作用、抗真菌作用など、様々な作用があり、心身の健康に役立ちます。精油を洗濯のすすぎ水に入れると、ラベンダーのほのかな香りが漂います。シャンプーやリンスに入れて楽しむ人もいます。ラベンダーを、ホホバオイルなどのキャリアオイルに混ぜてマッサージに使うと、血行が良くなり、美肌効果も期待できます。ラベンダーには、皮膚の炎症やかゆみを和らげる作用や殺菌作用があるので、虫刺されにも使われます。ヨーロッパでは、昔から火傷にラベンダーを使うことが多く、現在でも火傷を負った時にラベンダーを治療に使う人は少なくありません。

健康と美容のために活用できる精油

ローズマリーとイランイランも、人気が高い精油です。ローズマリーは、古い時代から料理や感染症の予防のために使われていました。古代ギリシャでは、ローズマリーを魔除けや記憶力の向上のために使っていたのです。ローズマリーの香りには、頭脳を明晰にする作用があり、集中力や記憶力を高めることが可能です。また、気力がない時や、精神的に疲れているときにも効果的です。仕事や勉強に集中したいときに使う人も少なくありません。有名ブランドの香水にも良く使われている精油が、イランイランです。アロマテラピーの中でもトップクラスの人気を誇るイランイランは、エキゾチックな甘い香りがします。イランイランの中でも最高級とされるエクストラは、香りの良さで有名です。リラックス作用があるイランイランには、抗不安作用があり、緊張による過呼吸を抑える効果も期待できます。また、皮脂の分泌をコントロールできるので、スキンケア製品にも使われています。