アロマテラピーが受けられる場所はこんなところ

日本では、アロマテラピーと呼ばれる芳香療法の人気が高く、生活の中に精油を取り入れている人も少なくありません。芳香療法とは、精油を使って心身の様々なトラブルを回復させ、健康と美容のために役立てる自然療法なのです。ハーブには様々な効能があり、古代ギリシャ時代から健康のために使われていました。ハーブの成分を濃縮したのが、精油です。花や葉、根、果皮などを蒸留するなどして、成分を抽出しますが、精油を1kg得るには、ローズだと花が3トンから5トン必要だと言われています。精油は、大量の植物から少量しか採れない非常に貴重なエッセンスなのです。精油は、家庭や美容業界だけでなく、介護や医療の分野でも広く活用されています。芳香療法には、様々な楽しみ方があります。

精油を生活に取り入れて楽しむ人が増えています

アロマテラピーが急速に広まったのは、家庭でも気軽に楽しめるからです。簡単に楽しめるのが、お風呂です。お風呂に入ると血行が良くなりますが、お湯に精油を入れて入ると、精油との相乗効果が期待できます。お湯に入れる精油によって、リラックス効果など、様々な効果が楽しめます。精油成分を口や鼻から吸入する吸入法も簡単です。お湯に精油を数滴落として、香りの漂う湯気を吸いこみます。吸入法は、特に呼吸器系の不調に効果的です。顔に精油成分を含む蒸気をあてると、血行を促して皮膚に潤いを与えることができます。女性の場合、生理前になると生理痛などのトラブルに悩む人が少なくありません。精油を使った温湿布は、生理痛や腰痛、肩こりなど慢性のトラブルに有効です。湿布は、皮膚の弱い部位には使わないように気を付けることが大事です。

マッサージサロンやエステサロンでも人気のメニュー

アロマテラピーは、マッサージサロンや、エステサロンで受けることができます。最近は、美容院の待ち時間に精油を使ったマッサージサービスを行っている店もあります。また、スーパー銭湯の中には、施設の中にマッサージルーム設けているところも増えています。マッサージは、トリートメント法の一種で、精油を希釈したトリートメントオイルを体や顔に塗ってトリートメントします。マッサージにより筋肉がほぐれ、血行を促進させます。ラベンダーなど美容に良い精油を使うと、美肌効果も期待できます。マッサージサロンやエステサロンでは、資格を取った後にしっかりとした研修を受けているプロの担当者が施術を行うので、美容効果も高いです。初めて店を利用する場合、特別価格で施術を受けることができる店もあり、好評を博しています。